信用情報

信用情報機関とは・・

woman1 まず信用情報とは、クレジットやローンの信用取引に関する、契約内容や返済・支払い状況や利用残高などを、客観的な取引状況を登録した情報を信用情報と言います。

 

クレジットカードやローンに申し込むだけで、信用情報に登録されてしまうのです。
なので、審査が通らず結果的に契約が出来なかったとしても、申し込みの記録は、残ってしまいます。

 

記録される情報は、申し込み先と申し込み日、商品の種類や内容(クレジットカードなども商品扱いです。)、氏名、生年月日、電話番号などです。


さて、皆さんは、日本に信用情報機関がいくつあるか知っていますか?
以前は5つありましたが、平成21年8月以降から統合などにより、現在は3つになりました。その3つの機関を紹介します。

 

1つ目は、JICC(日本信用情報機構)です。
この機関は、主に消費者金融と信販会社などが加盟しています。

 

2つ目は、CIC(CREDIT INFORMATION CENTER)です。
この機関は、主にクレジットカード会社と信販会社などが加盟しています。
他にも、携帯電話会社も加盟しているようです。

 

3つ目は、JBA(一般社団法人 全国銀行協会)です。
この機関は、主に銀行や銀行系カード会社などが加盟しています。

 

日本の金融機関であれば、どこかに必ず加盟していますし、中には、複数の機関に加盟している会社もあるようです。

 

私は主婦なのですが、はじめてキャッシングをする際不安だったので自分と旦那の信用情報を開示しました。とくに問題なくカードローンの審査にも無事通って借りることができました!主婦はお金を借りれないと思っている人は非常に多いですが、無職の専業主婦でもキャッシングできるので安心して下さい★

 

3つの機関は、各機関で情報を管理して収取していますが、事故情報(ブラックリスト)だけは、どの機関でも、相互に利用できるようになっているようです。このことを、CRIN(クリン)と呼ばれています。

 

なので、1つの機関で事故情報(ブラックリスト)になってしまうと、他の機関もでも、あなたが事故情報(ブラックリスト)と判断することが出来る仕組みになっているのです。
なので「こっちの機関がダメだから、こっちの機関にしよう」と考えても無駄なようです。

 

ですので、ブラックリストにならずに、優良な信用情報を保つには、携帯料金を期日までにきちんと払うこと、クレジットカードの支払いを遅れないことが大切ですので気を付けましょう。また、主婦が学生は闇金に狙われやすいので注意が必要です。有名なカードローンはこちら→専業主婦カードローン※在籍確認なし!夫に内緒で即日融資OK

↑ PAGE TOP