ブラックリストとは

ブラックリストについて

ブラックリストとは、ある程度の期間の返済を滞納してり、破産することが生じた場合に事故情報として登録されます。ブラックな情報を俗に、ブラックリストと呼ぶようになったのだとか・・・
そのことから、事故情報が登録されている状況を「ブラックリストにのっている」と言います。

 

クレジットカードの申し込みで審査が通らず、カードが作れなかったとかローンを組もうとしても、審査が通らず、ローンが組めないなんて話を聞きますが、そうゆう人は、信用情報機関で事故情報として登録されているかもしれません。

 

過去に返済を返済日から一定期間遅れたなど、3回以上した場合や自己破産・任意整理などの手続きをした場合に事故情報に登録されるようです。

 

ブラックリストにのってしまうと、ブラックの期間のうちは、新たな借り入れは出来ないのてす。
自動車ローンや住宅ローンが組めませんし、クレジットカードを作ることが出来ません。

 

ですが、一定の期間を過ぎてしまえば、ブラックリストの登録が削除されて、新たにクレジットカードを作ることも、ローンを組むことが出来るようになります。

 

そうなったらどのくらいの期間ブラックが続くのか気になりますよね。
返済予定日より3か月間返済が遅れた場合や、任意整理・特定調停をした場合は、5年間ブラックの状態が続きます。


自己破産や個人再生をした場合だと、5~10年間もブラック状態が続くそうです。
5年間でも長いのに5~10年間なんてとても長く感じますよね。

 

逆に言ってしまえばそれ以外の影響は全くありません。ですが、その期間に、自動車を買い替えなくてはいけない状態になったらと考えたら怖いですね。

 

今現在であれば、携帯電を買うときに一括ではなく分割で買う人が多いです。分割払いと言っても、携帯の料金と一緒に請求せれてくるので、携帯料金の未払いなどをしてしまうと、ブラックリストにのってしまうそうです。

携帯本体の値段もどんどん高くなり、未払いになる人が増えているようです。

↑ PAGE TOP