信用情報の開示方法

信用情報の開示方法について

まず始めに、開示とは・・
信用情報機関に加盟している金融機関から、借り入れなどの内容や支払状況等を確認できることです。
本人の情報が、信用情報機関に登録されているのか、そしてどのように登録されているのかが確認できます。

 

機関によって違いますが、開示の方法も色々あります。
パソコンでの開示、携帯電話・スマホでの開示、窓口での開示、郵送での開示などの方法があります。
今回は、簡単に紹介します。

 

窓口の場合であれば、本人確認が出来る物を持ち窓口に行きます。備え付けの申込み書に記入し、本人確認をした後に、開示報告書を受け取ります。
手数料は、現金500円(税込み)かかります。

 

郵送の場合であれば、必要書類は申し込み者によって異なりますが、自分に合った必要書類を用意します。これも異なりますが、申し込みを書くか、印刷するかして、必要書と手数料を郵送します。その後、開示報告書が郵送されてきます。


手数料は、1000円(税込み)かかります。支払方法は、ゆうちょ銀行の定額小為替証書・クレジットカードの支払方法があるようです。


郵送の場合は、開示報告書が来るまで時間がかかります。本人確認が出来るものをコピーしてください。

スマホの場合であれば、QRコードを読み込み、アプリを取得して、アプリの指示に従いながらやるようです。異なりますあが報告書は、ダウンロードか郵送されてきます。


手数料は、1000円(税込み)かかります。支払方法は、クレジットカード(1回払い)・コンビニ払い・金融機関のATMでの支払い・オンラインバンキングからの支払いなどがあります。

 

インターネットの場合であれば、お手続き前の確認事項を確認してから、クレジット契約で利用した電話番号から電話をかけ、受付番号を取得します。お客様情報の入力で取得した受付番号を入力します。そうすると、報告書を表示出来るので、ダウンロードできます。印刷することも可能です。


受付番号を取得してから1時間以内に次の操作をしてください。
手数料は、1000円(税込み)かかります。支払は、クレジットカード(1回払い)です。

 

紹介してきた手数料は、1人の名前ごとに開示手数料がかかります。

このような開示方法がありますので、自分のお好きなやり方でお試しください。
何が必要なのかは、1人1人異なりますので、しっかり確認をしましょう。

↑ PAGE TOP